上:2000年撮影,下:2012年撮影
スクロールで,各写真の拡大が見られます。
2000年撮影
河川から森林の内部に向かって伐採が進みつつある。
2012年撮影
森林の内部でも,網の目のように伐採が進んでいる。
p.158図1ブラジル・アマゾンにおける熱帯林の伐採
NSG1A40504
提供元:二宮書店
アマゾン川流域には,セルバとよばれる広大な熱帯雨林が広がっているが,1970年代以降,ブラジル政府により開発が進められ,牧草地や大豆畑の開拓,鉱山の開発,ダムの建設などにより熱帯林が伐採された道路や河川から,魚の骨のような形で熱帯林の伐採が進んでいる。