インドカレーの地理〜北と南で異なること(「地理月報」553号より)
NSG4G53301
提供元:二宮書店
カレーの本場として名高いインド。世界有数の多民族国家であり,言語,宗教,地域性,さらにはカーストに代表される独自で複雑な社会階層性などをベースに,実に様々なカレーが日々の暮らしに根づき,基本的に一日三食,食される。ここでは,特にインド各地の持つ地域性について着目しながら,インドカレー,そしてインド料理の持つ多彩で深遠な魅力について,少しばかりひも解いてみたい(はしがきより)。

インドの南北で異なるカレーの多様性を通して,生活文化と自然環境・社会環境との関連性を考えさせるエッセイです。